気楽に生きよう!

うつ病、野球、エンタメ 色々喋るよ

今の時代にベストアルバムが100万枚突破する凄さ 『SMAP 25 YEARS』ミリオン達成を受けて

スポンサーリンク

この記事はご覧のスポンサーの提供でお送りします

f:id:nuruta:20170312020816j:plain
SMAP万歳
いつか復活して欲しいな

凄い

昨年大みそかで解散した国民的グループ・SMAPのデビュー25周年記念ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(昨年12月21日発売)が、発売3週目でミリオンセールスを達成した。
週間6万4337枚を売り上げ、発売3週の累積売り上げは100万7166枚。
1/16付オリコン週間アルバムランキングでは3位にランクインした。

凄い。
CDが全く売れない中でのミリオンは凄いの一言。
しかも、なにが凄いって、「ベストアルバム」ということ。
f:id:nuruta:20170113193446j:plain
既存の楽曲だけで構成されたCDが100万を突破するってヤバいです。

SMAPの凄さを改めて感じる

今の時代、音楽を聴くって言うと、配信が主流になってるんだと思います。
CDを買うのも、レンタルするのも古臭い。
ネットから気軽にダウンロードして、スマホやipodなどで聞くのが一般的。

自分の好みの曲を好きな順番に編集して聞くことも容易く出来ちゃう時代。
曲数もCDのように限定されずに、好きなだけセレクト出来ちゃう点も大きい。

そんな中での、ミリオン。

なにか握手券だの優先申し込み券だの付録が付いている訳でも無い。
解散ということに目を瞑れば「ただのベストアルバム」。

それが100万枚を突破するんだから凄いことです。

こんなこと書くとファンにどやされるでしょうけれど、SMAPって歌は上手くないと思うのですよ。
ジャニーズの中でもどちらかといえば下手な部類に入る。
決して上手くはないんだけれど、耳に残る歌がいくつもある。

彼らの積み重ねてきた歴史をファンが選出したベストアルバム。
どれだけSMAPが愛されてきたのかが分かるニュースだと感じました。