読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に生きよう!

うつ病、野球、エンタメ 色々喋るよ

「言論の自由」を規制し、マスコミを大人しくさせて欲しい

エンタメ

スポンサーリンク

この記事はご覧のスポンサーの提供でお送りします

f:id:nuruta:20170312020816j:plain
なんだろうね…。
マスコミの横暴が目立ったよね、去年は特に。

マスコミ嫌い

取り敢えずSMAPの解散の一翼を担ったのはマスコミだと今でも思っていますよ。
特にデイリーニュースオンライン。
去年1月の解散の一報が出て、「解散しません」宣言してからもずっと連日のようにSMAPを取り上げていました。
バカバカしくて内容まで確認してませんが、記事タイトルからすると一年中「解散」や「メンバーの不仲」を謳っていたようです。
Yahooが拾ってくるから、目につく為、鬱陶しくて仕方ありませんでした。

あと、週刊文春ね。
一部の人らは、正義の報道機関か何かだと思い込んでいるようですが、別にそこらの三文誌と変わらないからね。
売れさえすれば、他人なんて関係の無いって雑誌には変わりません。
ベッキーさんの不倫問題なんて、その顕著な例。

何も不倫を正当化するつもりはありません。
倫理的にはアウトだと思うけど、それ以上でもそれ以下でも無い。
犯罪者並に追い立てた様は、正直引きました。

年末の成宮さんの件も腹立ったな~。
引退にまで追い込んだフラッシュ編集部は何様なのでしょう。
誤報だとしたら、どう責任取るつもりなんでしょうね。


昔と違って今はネットが発達し、「読みたい人だけが読んでいたネタ」を載せていたゴシップ誌の記事が、広く大勢の目に留まりやすくなってしまっています。
そのせいで騒ぎがやたら大きくなりすぎる嫌いがあるんじゃないかなと。
だから、誤報も誤報で無くなるというか。
書いたものガチの世の中になっているというか。

芸人の有吉さんとアナウンサーの夏目さんの婚約話なんて最たる例ですよ。
一部スポーツ紙が「妊娠」とまで報道。
両人とも事実無根と否定、数カ月経ってようやくお詫び記事が出ましたけれど…。


最初の一報の際、ご両人が暫くだんまりを決め込んでいたことを「在りえない」と考える人達が「妊娠は本当で、おろしたんじゃないか」等とネットに書き込んでいました。
週刊誌がそれを肯定するかのような記事を書いた物だから、多分未だにそれを信じてる人達がいると思います。

妊娠もそうだけれど、堕胎なんて、女性に対してヒドイことをよくもまあ、ネット上とはいえ書き込めるものだと。
素人でも酷いのに、これをマスコミがやってるから目も当てられません。


何かしらで規制が入ると、マスコミってすぐに「言論の自由」を叫びますよね。
確かに21条で認められており、「言論」が(特に国や政府によって)規制されるのは宜しくない一面があることは認めます。

しかし、「何を書いても良い」「書いた物勝ち」のようなものは規制されるべきだと考えます。
自由というのは、一定のルールの上で成り立っているのであって、ルール無き自由は無法地帯と変わりません。


取り敢えずはさ、芸能人といえどプライベートに触ることは一切報道禁止にしていいと思う。
敢えてスキャンダルを売りにする芸能人には悪いけれど、基本的にダメにしちゃって欲しい。

芸能人だって一国民。
プライバシーの尊重は守られるべきですし。
もし刑事事件に発展するようなネタであれば、検察によって証拠能力が認められるレベルの物証を同時に出してからにして欲しい。

何が言いたいかというと

成宮さんの件、誤報だったらマジ許せんということですね。
嘘か真か「相棒」出演プランを完全に無に帰したし。


講談社はな~。
マンガ部門大好きなだけに、フライデーとかゲンダイが癌過ぎて…。