読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に生きよう!

うつ病、野球、エンタメ 色々喋るよ

SMAP解散騒動に思う事 -想像に難くない事務所本意のストーリーが気持ち悪い

エンタメ

スポンサーリンク

この記事はご覧のスポンサーの提供でお送りします

f:id:nuruta:20170312020816j:plain
SMAPの記事です。
零細ブログだから好き放題書きます。

信念は曲げる為にあるのです(笑

あまりにも言いたい事が出来たので。
というか、書き殴りたい事とした方が正しい。

一連のSMAP騒動に関して。
基本僕はSMAP側に立った主張を持っていることを初めに記しておきます。

誰に対しての謝罪だったのか

物心ついた頃には、アイドルと言えば光GENJIでした。
完全に母の影響ですね。
メンバーの1人に熱を上げていた母に連れられて、都内(子細な場所は覚えてないです)のジャニーズショップにも行ったことがあります。
まだ園児だか小学1年とか位でしたので、父と一緒に外で待ってただけですけれど。

だからか自然とジャニーズのアイドルを好きになりました。
僕は男ですけれど、未だに女性アイドルよかジャニーズの方が好きかもしれません。
(そっちの趣味は無いです。悪しからず)

そんな僕がSMAPを最初に見たのはいつだったのか???
流石に覚えていませんが、見ていた番組で最も古いと思われるのがテレビ東京系の「愛ラブSMAP!」。
18:30頃に放送していた時代は見ていました。確か。
番組内で「$10」を歌ってたのは覚えてます。

その後、頑張って夜更かしして「夢がMORIMORI」(キックベースが好きだった)を見たり、アニメだと「姫ちゃんのりぼん」(主題歌担当)、「赤ずきんチャチャ」(主題歌担当、香取さんがリーヤ役で声優として出演)とか。
時系列めちゃくちゃかもですが、SMAP関連のこの当時見ていた番組たち。

何が言いたいのかと言いますと、20年以上彼らの活躍をTVで見ていたという事です。
学生時代は毎週必ず「スマスマ」見てましたし。
流石に今はなかなか見れていないんですけれども。

だから、本当に本当に衝撃的でしたよ。
「解散」の記事を最初に目にした時は。眠気がいっきに吹っ飛ぶくらいには。
毎日のように報じられる事実なんだか憶測なんだか分からない記事をつぶさにチェックしては、どうなるんだろうとハラハラする日々。
やはり解散はして欲しくなかったというのが本音でしたので。
そんな折、18日の昼頃。
「スマスマ」で会見があると知った訳です。

急いで会社から引き揚げて(早退とかした訳じゃないっすよ…念の為w)、放送に間に合うように家事とか片して。
スッキリとした表情で継続を発表する姿を楽しみにしていたら…。
なんなんですかね。
神妙な顔というより憔悴したような顔。
スッキリとは程遠い諦念・憮然とした表情。
言葉にもどこか無念さが滲み出てるような…。
気の毒というと失礼かもしれませんが、余りにも痛々しい姿でした。

そんな本人達をよそに番組では「視聴者からの励ましの声」を流す。
局アナが笑顔で"ファンの声"を代弁する。
気持ち悪かったです。
感動でもさせようという意図での演出でしょうか?
SMAP(特に「脱退決意」を報じられていた4人)自身の態度には似つかわしくない演出意図に寒々しさを覚えたのです。


完全なる謝罪会見。
でも心から納得出来ていないのか、それが表情に現れてしまっている。
見ていて、良い気持ちには当然ならないですよ。

謝罪の意志が見えないから、不快だったのではありません。
そもそも彼らが謝罪する必要性を僕は感じていないんです。

想像に難くない事務所本意のストーリーが気持ち悪い

どんな理由こそあれ、一度退社を決め・曲がりなりにもその意志が会社に伝わっていたのであれば、戻るためには謝罪は必要だと思います。
一部報道にあるように、示しが付かないからという理由で何らかの「罰則」も必要でしょう。
SMAPだからこそ。
事務所内でも大物故に、大物だからこそ一層後輩達に対して示しは付けるべきです。

だから、謝罪は必要だった。
それは理解出来ます。
けれど、それは世間に対する謝罪である必要性は無いですよね。
事務所に対して頭を下げれば済む話です。
わざわざ放送内容を差し替えてまで、全国に向けて謝罪させる必要性はありません。

では何故このようなことになってしまったのか?
僕としては、解散の内幕がスポーツ紙を中心に報じられてしまったからだと考えています。
今の世の中、隠していても何れは世に出てしまっていたでしょう。
けれど、情報の洩れ方が気になるんです。

第一報はスポニチ。
続いてニッカンだったかな。
ここはほぼ同時という印象。
この二誌の(特にスポニチの)報道には一貫した「偏り」があるように思えます。

此度の騒動、報道されていることを真とするならば、SMAPのメンバーは完全なる被害者です。
5人ともです。
一時は退社を決意したとされる4人はもとより、木村さんもそう。
一部報道では彼を裏切り者扱いしていますが、おかしな話です。

今まで所属していた事務所を辞めるかどうかは、個々人の裁量に委ねられるべきことです。
ここに「グループの意志」を介在させる余地は無いですし、自由であるべきです。
報道を見る限り、4人は育ての親を取り、木村さんは生みの親を取った。
それが全てであり、どちらの判断も他人が口を挟むべきものではありません。
唯一意見を言い合えるのは彼らの親類であり、メンバー同士なのではないかな。
良いも悪いも無く、裏切りなんて言葉は断じて使うべきではない。

兎も角、大人の醜い権力争いに巻き込まれてしまった「被害者」。
(先に書いたように、とはいえ戻る以上は事務所に対しての謝罪は必要だと思います)
対して、事務所の所業は完全に「加害者」のそれですよ。

にも関わらずスポニチの記事は
事務所=善
という内容が目立ちました。
事務所に残った木村さんも「善」の扱いであり、他の4人とマネージャーは「悪」扱い。
(このような構図を作れば、木村さんを「4人を・SMAPを救うヒーロー」にも出来ますし、「SMAPを裏切った卑怯者」にも出来ますので、報道する側としては"楽"でしょうね。)
最後の最後までそういう立ち位置での報道と感じたのです。

こうなるとジャニーズ事務所がスポニチにリークしたのではないかと穿ちたくもなります。

敢えて情報を流し、世論を動かす。
「反響の大きさが想定外」というような記事もありましたが、「ファンが黙ってない」事くらい事務所だって計算の中だった筈です。
「国民的アイドル」である彼らの解散報道なのですから、どう軽く見積もっていてもファン以外も巻き込んだ大騒ぎになることは想像に難くない。
こうして「世間を騒がせた罪」をでっちあげ、事務所に残すことを「赦し」て、世間に対して罪の償いである謝罪を強いる。
事務所は「ファンの声」を大事にして、彼らを許しましたと言う体を作れる。
それを感動的に演出して放送すれば、大団円。


醜くもずる賢いこんなストーリーを想像しちゃうんです。
やはり昨日の「スマスマ」の生放送部分は気持ち悪かったですよ。
4人の態度も、これを阻止する為の最後の抵抗にも思えてくる。

歪…ですよ。
きっと4人は事務所にも本当に頭を下げたのでしょう。
更には世間に対して下げる必要の無い頭を下げた。(下げさせられた)
そこまでさせてるにも関わらず、契約の切れる9月以降にも「活動休止」をさせるのではと報知新聞が書いている。
示しは付けなければならないとは僕も書きましたけれど、経緯が経緯だけに世間への謝罪だけで十分ではないかな。
もう禊は終えたでしょう。
その上で、更に罰を与えるという…。

どこまで事務所は偉いのか…と。
事務者が"善"なのか…と。

経営陣がしっかりと頭を下げるべきなのではないかな。
真に世間に対して謝罪が必要なのはジャニーズ事務所でしょ。
夢を売る商売で、実際に夢を売っているタレントを穢してまで、内幕のドロドロを世間に公開してしまったのですから。

実際に喧嘩していたマネージャーは罰を受け、事務所は御咎めなし。
振り回された被害者でしかないSMAPにも謝罪と罰を与える。
喧嘩両成敗にならない顛末に納得いきません。

終わりに

弱いものが最後は強いものを負かす。
エンタメの醍醐味です。

然しながら、現実は所詮現実。
力のある方が勝っちゃうようです。
嫌な世の中ですが、残念な事にこれが世間の常識。

でも、芸能界はエンタメに寄り添った世界です。
世間の常識が必ずしも当てはまらない。
当て嵌まって欲しくない。
そんな世界である筈の芸能界で、その「現実」を露見させてしまった。

芸能界の闇なんて今に始まった事ではありませんが、今回は本当に酷かった。
ジャニーズ事務所の罪滅ぼしを僕は望みます。