読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽に生きよう!

うつ病、野球、エンタメ 色々喋るよ

うつ病闘病記 第1話 「発症」

スポンサーリンク

この記事はご覧のスポンサーの提供でお送りします

f:id:nuruta:20170312014654j:plain
うつ闘病についての連載企画です。

ブラック企業

新卒で入社した某IT企業。
そう。
10年ほど前の当時は僕も新人サラリーマンでありました。

プログラマーです。
仕事は楽しくてしかたなかったのですが、そこは最悪なブラック企業でした。

追い出し部屋を作っては、何かと理由を付けて社員を首にしていく。
当然「自主退社」を促すべく圧迫面接を繰り返して、精神的に追い込む訳です。
大抵の人間は折れ、1人、また1人と同期が辞めていきました。

そんな折、給料遅配が発生。
ただでさえボーナス無しだったのに、遂には給料支給すら満足にされなくなったのです。

これが精神的に限界突破したのでしょう。
遂に熱を出してぶっ倒れました。

激しい眩暈、急な嘔吐、下がらない熱。

病院に行っても原因は分からず、今にして思えば、心からの緊急警報だったのかもしれません。


これ以上この会社にいたら、完全につぶれてしまう。

そう確信した僕は、すぐさま辞表を提出。
僅か入社後1年10か月のことでした。

辞めてからは、眩暈も無くなり、熱も収まり、やはり精神的なものだったのだと実感しました。
この時に精神科を受診していたらば、良かったのかもですが…。

発症

それから時が経って、つい数か月前のこと。
転職に成功した僕を再び「病魔」が襲います。

極度の不安障害。
なにをしていても不安が取れず、恐怖に駆られる。

仕事して行けるのかどうか不安になるのです。

段々家で泣くようになりました。
辛くて辛くて、涙が止まらない。

IT業界とは無縁の企業にも拘らず、それまで働けていたにも拘らず、唐突に変になってしまったのです。

何故そんなにも辛いのか分かりませんが、「滅茶苦茶忙しい」というのを聞いていたのが理由だったのかもしれません。
自分でもハッキリとしたところが分からなかったんです。

1つだけはっきりしてるのは、ブラック企業時代の嫌な記憶がフラッシュバックしてきた事です。
癒えた筈の…癒えたと思い込んでいた傷がぱっくりと開いたのかもしれません。


入社から僅か1ヶ月。
遂に我慢できなくなり、精神科のドアを叩きました。

診断は「うつ病」。
薬を貰って、現在も通院しています。

心の風邪

心の風邪とも言われるうつ病。
なにかおかしいなと思ったら、怖がらずに早めの受診をして下さい。

決してネットの情報だけで、判断を下さない様にして欲しいです。
僕も、自己判断は下すべきでは無いなと思いましたもの。

受診前に散々ネットで調べて、診断テストもやって。
うつ病では無いな、別の病気だろう…と思っていたら、間違っていましたからね。

勿論医者の診断が正しいとは今でも思ってません。
本人の訴えと心理テストだけで判断されるので、医者が違えば全く違う診断を下されることでしょう。


けれど、素人が浅い知識で下した判断より正しいことは間違いありません。
酷くなる前に一度精神科を受診する事をお勧めします。

次回予告

第2話はどうしましょう。
最も苦しんだ…現在進行形で苦しんでいる薬の副作用について書いてみたいです。